血液をクリーンな状態に保つセサミン

肝臓にもいい効果がある

 

セサミンは抗酸化作用、血液サラサラ作用があることから、常に新鮮な栄養や酸素を求めていて、
活性酸素を嫌う肝臓の働きを助けます。

 

セサミンを摂取していると、アルコールを飲んだ際に分解作用を高める効果があるということが分かっています。

 

セサミンの働きは、体内に吸収されると強い抗酸化作用( 体を酸化と呼ばれる老化から体を守る )を発揮します。
酸化はストレスや激しい運動、紫外線などによってもたらされて、それにより老化や疾病の原因になるのですが、
セサミンを摂取するとその酸化を防ぎ体を守ってくれるのです。

 

更に、セサミンには血中に漂うコレステロールや中性脂肪を回収して肝臓に戻すという作用があります。
これによって、血液をクリーンな状態に保つことに役立ちます。

 

セサミンの副作用について

 

今のところセサミン含有のサプリメントによって副作用がもたらされたという報告はほとんどないようです。

しかし、どんな食品にも引き起こされるアレルギーには注意が必要です。
よって、アレルギーをお持ちの方は少しずつ様子を見ながら服用するようにするか、
掛かりつけの医師に相談してから摂取するようにしましょう。
また、ごく稀に胸焼けなどの胃腸症状を引き起こす方もいるようですので、
服用後に不快感を感じた場合には量を減らすなどの工夫が必要になります。

 

セサミンが及ぼす血液サラサラ効果

 

セサミンというのは主にゴマの種や米、麦などに含まれていますが、精製する過程でほとんどが失われて
しまうという貴重な成分です。

 

そのセサミンは体内に吸収されると強い抗酸化作用を発揮します。
抗酸化作用とは細胞を酸化という老化現象から守ってくれる作用をいいます。

 

この作用により血液を浄化する肝臓の働きを向上させて、間接的ではありますが血液浄化に効果を発揮します。
また、セサミンには血中の中性脂肪を低下させるという効果もありますので、併せて血液サラサラに貢献します。

 

 

主にセサミンは抗酸化作用によって身体全体および血管や血液をろ過する臓器を健全に保つことや、
血中に漂っている脂質を減らすことなどによって血液をサラサラにする効果を持ちます。
非常に有効な成分なので積極的に健康活用してみては如何でしょうか。