血液の流動性を増すという効果がある黒酢

黒酢の摂取で血流が変化

血液サラサラ 黒酢含有のサプリがおすすめ

実際に黒酢を摂取する前と摂取した後とで血液の流れを測定した結果、
明らかに流れが変化しているという研究結果があります。

 

更にデータとして、黒酢を摂取すると
「血小板凝集抑制効果」「白血球粘着抑制効果」が分かっています。

 

このように、黒酢には血液の流動性を増すという効果が
研究によっても実証されています。

 

黒酢に含有されている成分について
  • 黒酢にはアミノ酸(必須アミノ酸を始め約500種類)
  • 多糖類、有機酸類(クエン酸、リンゴ酸、乳酸、酢酸など16種類)
  • ビタミン類(B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)
  • ミネラル類(カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、リン)

など豊富な栄養素が含有されています。

 

また黒酢にはアミノ酸が豊富に含有されています。
そのアミノ酸の中の一種である「アルギニン」が血液をサラサラにする効果があります。

 

アルギニンは摂取すると血管内で一酸化窒素を作り出し、その一酸化窒素が血管を柔らかくして血液の流れを良好にします。

 

更にアミノ酸にはコレステロールを抑える効果や血圧を抑える効果、血糖値の改善などがあり、総合的に血液の流れを良好にする働きがあります。

 

黒酢が及ぼす血液サラサラ効果

 

黒酢に含まれる血液サラサラ成分として、「クエン酸」「アルギニン」があります。

 

クエン酸は摂取すると脂肪が燃焼しやすくなるという作用があります。

 

脂肪が燃焼しやすくなるということは、血中に漂っている脂質も燃焼しやすくなります。

 

それにより、血液の流動性がよくなり血液がサラサラに変化します。

 

更にアルギニンは、摂取すると血管を柔らかくするという効果により血管の収縮による血流障害を改善します。

 

 

黒酢には極めて良好な血液サラサラ効果がありますが、基本的には食事のバランス、運動、ストレスの軽減、水分の適正な摂取などが重要であり、それらを行った上で補助的に用いるようにするのが本来の使い方になりますので、そのような使い方で用いるようにしてください。