血液サラサラで防げる病気

血管が原因となって引き起こされる病気

 

≪血管が原因となる病気としては≫

  • 脳梗塞などの脳血管疾患
  • 心筋梗塞、不整脈などの各種心疾患
  • 動脈硬化
  • エコノミー諸侯群

などが挙げられます。これらは血液の流れが悪化することによって引き起こされることが多いので、
血液をサラサラに保つことで予防することが出来ます。

 

関節痛や頭痛などの痛みが主症状の病気

 

≪痛みが主症状となる病気≫

  • 頭痛
  • 膝、腰痛などの関節痛
  • 肩や首の痛み

などが挙げられます。原因が他にあるものは別として、ストレスや筋肉の凝り、あるいは運動不足
などによって引き起こされている痛みの原因はほとんど不明だとされており、一説によれば血流が
悪いことが原因の一つになっているといわれています。

 

よって、血液をサラサラにすることで局所の凝りを改善できるので予防改善に役立ちます。

 

そのほか血液が滞るとなりやすい症状

 

  • 肌荒れ
  • 情緒不安定
  • 眠り質の悪化
  • 顔ののぼせ
  • 手足の冷え
  • 皮膚に出来るシミ

などが考えられます。これら症状は昔から血液が滞るとなりやすい症状として有名です。
よって、血液をサラサラに改善することによって不快症状を改善することが出来ます。

 

管理人の体験談

 

以上、血液サラサラによって防げる病気になりますが、実際には血液の流れが悪化する要因は
生活習慣や慢性病などが原因となっていることが多いです。

 

まずそれら原因となるものをまず改善することが前提で、それを行った上で少しずつ老化によって
血液の流れが悪くなっている場合にはサプリメントなどで流動性を助けるということを行うと万全です。

 

ここで一番、気をつけないといけないことがあります。それは
脂っこい食事の摂りすぎ、運動不足などがあるにも関わらず、
それを改善せずに、そのツケをサプリメントに回すという考え方です。
これでは血液サラサラにならないばかりか、様々な成人病を呼び寄せて
しまう原因になりますので、ぜひご注意ください。

 

最後に私の経験ですが、それまではひどい頭痛に悩まされていて、様々な薬を試したものの
その場限りで一向に頭痛の頻度が減ることはありませんでした。

 

なので「血流が悪いのかな?と思い、玉ねぎを一日一つずつ食べるようにしたところ、それまで何を
やっても改善されなかった頭痛が徐々に減り始め、玉ねぎを食べるようになってから約3か月後には
全く頭痛を感じることがなくなりました。

 

それから2年経過した今でも、玉ねぎを積極的に食べるようにして体質を維持するようにしています。